HARA KENSUKE

2020年2月27日

たまにはうちの子達の話をしよっかな。

 

我が家にはラグビーをやっている高校1年の息子と、
ミニバスケットをやっている小学6年の双子の娘がいます。

 

息子はラグビーの全国トップのチームに入っていて、先日行なわれた関東新人大会に出場し、チームは優勝を飾りました。

 

次は3月末に行なわれる全国選抜大会です。
またメンバー入り出来るといいんですけどね。

 

バスケをやっている娘達は、幼児の時からやっていたラグビーから4年生の時にミニバスケに転向し、レギュラーにしてもらい、
最後の県大会では2人で優秀選手賞を頂けるくらいには頑張っていたようです。

 

ボクは仕事が土日祝日もあるので、子供達の試合を生で観たことがほぼ無いです。

 

本人達から試合後に報告を聞いたり、スマホで試合の動画をほー、頑張ってんねーって思って観ています。

 

試合の動画を観て、子供にあそこがダメ、ここがダメ、なんであんなプレーをしたんだ、とダメ出しをする親もいるようですがボクはしないです。
一緒に観ながら、ここでどうすればもっと良かったかなと問うたり、
良かったプレーを何回も繰り返して戻して観ては、いいねー今の、また次もやりなよ、って言うくらいです。

 

だって、過ぎた事あいだこうだ言っても引き返せるわけじゃないし、本人もそんなの楽しくないだろうから。

 

子供、いや大人だって“ダメ出し”なんてされたか無いよね。そんなのひとつも嬉しかない。

 

ボクはなんでも褒めればいいってもんじゃないと思っていて、
褒めるのではなく“評価する”事が教育には大切なんじゃないかと思っています。

 

何が出来ていて、何が出来ていないか。

出来ている部分は、どんどんやればいいと話し、
出来ていない部分は、ここが出来たらいいところがより良くなるねと話す。

 

それだけでいいんじゃないかって。

 

人は褒められたい為にやっているのではなく、
認めるられたい為にやっている、生きているんじゃないかって。

 

そんな気がします。

 

子供達には、自分で考え、自分で道を選び、進んでもらいたい。

ボクが親として望む事はそれだけかなぁ。

GTO

2020年2月25日

ゲストティーチャーお父さんGTO

 

娘達の通う小学校でゲストティーチャーとして『お仕事について』の特別授業をしてきました。

 

息子の時も呼ばれたのでこれで2回目という事になります。

鍼師・トレーナーはどのような事をするのか

 

やっていて嬉しいと思う時はどんな時か

 

子供の頃にハマっていた遊びは何?

 

仕事をする上で大切にしている事は?

 

など、子供達の質問に答える形でトークしました。

 

途中、先生から「相手の心に入るにはどのような事を意識していますか?」と質問があった時、
おもむろに前に出て50回くらいひょいひょいと腕立て伏せをやってみせました。
みんながおぉーとかスゲーとか声を上げて前のめりになって注目したので、
こういう事です、と答えて立ち上がりました。

 

その後、マッサージを上手くやるポイントは何か有りますかという質問の答えと合わせて、

 

ボクのこの仕事に関わらず、いかに相手の気持ちに、立場に立って物事をみてあげられるかが一番大切で、それさえ出来ていれば大概の事は上手く行くんじゃないかとボクは思います

 

と答えました。

最後は“鍼”とはどんな物か実物を見せて触らせて、種類などについて説明し、
そしてデモンストレーションとして担任の先生(鍼未経験)に皆んなの前で鍼を打ってみせました。

 

みんなボクの手さばきと、スルッと先生の肩に入って行く鍼を見て、おー、とか、ひやー、とか声を上げてました。

 

先生は痛くも痒くも無い鍼にビックリ。

 

あっという間の1時間だったけど、六年生にはどう響いたかなぁ。

 

娘が帰って来たら聞いてみよ。

 

嫁さんが写真係で付き添って来たけど、一傍聴者で聞き入っちゃって、あまり写真撮れてないと言うね。

色々ある

 

生きてりゃ色々あるさ

 

なかなかモヤモヤが収まらない人もいるだろう

 

虚脱感に苛まれている人もいるだろう

 

でも、いつまでも下向きな気持ちでいても前に進まないし、つまらないよ

 

つまらない気持ちでいる毎日なんてつまらないよ

 

震災の後もそうだったように、前に進むしか無いんだ

 

そして前を向いて行けばまたきっといい事がある

 

はず

 

今ボクらに出来る事は、ココロとカラダを健康に保ちウィルスの侵入に対抗して拡大を最小限に防ぐ事

 

前向に生きてたら残念な気持ちなんてそのうち消えちゃうよ

 

とくにこの騒ぎで仕事にダメージが出てしまった人達頑張ろね
ボクもがんばる

2020年2月20日

東京マラソン中止になってしまいましたね。

出走を楽しみにしていたランナーさん
とても残念でしたね。

仲間家族会社の同僚を励まそうと準備していた応援隊のみなさん
とても残念でしたね。

世界からのランナーにおもてなしをする予定だったボランティアの皆さん
とても残念でしたね。

大人数の打ち上げ予約が入っていて喜んでいた居酒屋の店長さん
とても残念でしたね。

予約でいっぱいだった都内のホテル
とても残念でしたね。

応援の人達がたくさん買い物してくれると予想して仕入れを多く発注していたコンビニエンスストア
とても残念でしたね。

2020東京マラソンの記念グッズを完売させたかった各メーカー
とても残念でしたね。

電車などの公共機関も何もかも東京マラソン経済が止まってしまった。

ボクのところだって、
東京を目指して調整予約をしていた人達のキャンセルの連絡が続々入ってる。

東京マラソン財団は今後の様々な対応、処理がすごい大変だと思う。

日本の市民マラソンの親分みたいなもんの東京マラソンが中止を決定した事により、今後開催される他のマラソン大会にも波及する恐れは十分に考えられる。

今シーズンは台風や川の氾濫に、そしてコロナウィルスのせいで大会がたくさん潰れた。
とても残念だ。

とにかく今はコロナウィルスの終息を待つしかない。

マラソン大会よりも毎日の満員電車の方がよっぽど感染リスク高いと思うんだけどなぁ。

#ざんねん東京
#みんな残念
#死活問題
#ガッカリはランナーだけちゃうよ

次に向けて頑張るしかない。

ゲストティーチャー

2020年2月8日

今月末に

娘達の通う小学校でゲストティーチャーとしてお仕事についてと言うテーマで1コマ特別授業をする事に。

 

息子の時もやったのでこれで2回目だけど。

 

体育館を借りてトレーニングの実技でもと思ったけど、

ここはやはりなかなか目にする事のないであろう鍼治療について話したり、デモンストレーションをやろうかと。

 

よし、担任の先生にみんなの前で鍼を受けてもらおう。

 

子供達に鍼師とかトレーナーを目指してなんて事は思わないけど、

キミ達のお父さんお母さんは毎日毎日家族の為にこうやって働いているんだぜ、

そしてお仕事って楽しくやるもんなだぜ、

って事を伝えられればなぁと思います。

 

 

終わったらレポートします。

ページトップ