HARA KENSUKE

久々のレスキュー

2020年8月1日

久々のレスキュー

 

最近は電車で仕事へ行く時は比較的空いている各駅停車で通勤するようにしている

 

今日もスマホでロックをギンギン聴きながらシートに座っていた

 

途中の駅でドアが開き、数人の乗客が降りて行く気配を感じたと思ったら、ドン!という衝撃音がイヤホンをしているボクの耳にも響いて来た

 

それとほぼ同時に、女性のキャッ!と言うの高い声も聞こえて来た

 

女性の視線の先に目をやると、車両とホームドアの間に男性が倒れているのが見えた

 

すかさずホームに飛び降り、後方に手を振り、近くの人に緊急停止ボタンを押してくださいとお願いする

 

車両に寄り掛かっていた男性をホームの間に落ちないように抱え、近くにいた男性に手伝ってもらって、ホームドアの外まで引っ張り出した

 

すぐさま駅員さんが2名ほど駆けつけて来たので、事情を話し、救急隊を要請した

 

ぱっと見出血や骨折は無さそうだっかけど、左の後頭部に大きなタンコブが出来ているのを見つけた

 

脈を取りながら(80くらいだった)、どこか痛くないか、どこへ行くのかなど少し本人に質問してみた

 

パニックになっているのか、ちょっと返答があやふや

 

そしてお酒くさい

 

本人は大丈夫、大丈夫と言うが、救急隊が来るまで待つように言い聞かせて安心させる

 

大丈夫と言いつつも立てそうになかったけど

 

頭を支えてとりあえず動かさないようにして救急隊員を待つ

 

ほどなくして救急隊員が来てくれたので、簡単に状況を説明してバトンタッチ

 

お酒を飲んで駅で倒れたおじさん(70代)をレスキューしたのこれで3度目

 

仕事リタイヤしたおじさま方気を付けてー

奥さんに叱られるよー

 

でも大事に至らなくて良かった

 

途中本人にも駅員さんにもお医者さんですか?と聞かれたけど、その度いえいえ鍼灸師ですと答えた

 

お医者さんで無くても、誰でも人を助ける事は何かしら出来るはず

 

行動する事が何より大切だと思う

 

8月のハラケンモーニングトレーニングセッションの募集がpeatixで始まりました。

 

是非ご参加ください。

 

ハラケンモーニングトレーニングセッション

治療家トレーナー目線のランニングシューズレポート

 

今回は、
7月1日に発売になるHOKAONEONEの新作ロードランニングシューズ

CLIFTON EDGE クリフトンエッジ

 

もう見た目からしてインパクト大のこのシューズを完全にボクの私見でレビューします。

 

ということで、朝ランニングで早速履いて走ってみました。

 

最初は9kmジョグ。

ペースはキロ6分くらいから入って5分一桁くらいまで自然と上げる感じ。

 

意図的にゆったりと走ってみたけど、このペースでは予想通り安定感半端ない。
これだけソール面積あるもんねー。


着地の時にわざと足を揺らしても全然ブレない。捻挫しそう感ゼロ。

 

グリップ力も試してみた。
雨上がりの濡れた路面だったので、わざとマンホールの上や横断歩道の白いとこを踏んでみたけど、ズルッと滑る感じはしなかった。

 

ジョグから戻って来て、今度は1kmを1本やってみた。
ボクの最近の走力の感覚だと、3.42〜3で行くとシューズのスピード対応能力が計りやすい。

 

そのタイムゾーンを狙って結果3.39だったので概ね感覚と一致した。

 

と言うことは、このシューズは極端にスピードアドバンテージを出してくれるわけでもなく、かと言って感覚より遅くなると言うことは無いって事が分かった。

 

実際に履いて走った率直な感想だけど、
『クリフトンエッジ』というネーミングは付いているけど、これまでのクリフトンシリーズとは一線を画すタイプのシューズだなぁと思った。

 

クリフトンシリーズはマシュマロを踏んでいるような(マシュマロ踏んだ事ないけど)、とにかく柔らかいと印象だけど、このエッジはしっかりと反発が来る感じ。

 

 

グレー色したミッドソール部は今までで一番柔らかく軽い素材を使っていて、ピンクとオレンジの部分を適度な硬さがあり反発力を生んでいるんだとメーカーの人が教えてくれた。

 

そこそこスピード出して走れると言うのが分かった。

そして注目の後ろに突き出したソールの恩恵はと言うと、
ボクみたいにフラットに着地するようなランナーにはさほどメリットは無いような感じ。

 

ただ、ヒールストライクで走る人にはこの突き出した踵部分のソールが先行して、そして確実に地面を捉えてくれるだろうし、
フラットに着地するランナーでもフルやウルトラで後半疲れて腰が引けてしまいヒール寄りに着地するようになった時などは味方になってくれそう。

もちろんホカ独自の舟底ソール形状が足の運びをスムースにしてくれるのは言うまでもない。

今回、このシューズでボクが気に入っているのは実はアッパー部分で、
これまでのホカのどのシリーズからもかなりアップデートされている。

足の甲全体を包むエンジニアードメッシュは軽くて通気性がいいし、何よりフィット感がいい。

カーボンXのアッパーはフィット感はイマイチだったし、クリフトンやボンダイなんかはやや野暮ったい感じで重さを感じたけど、エッジのアッパーは素材もいいし、足首周りをシュッと包み込んでホールドしてくれてる感じがある。

それと、ホカは前足部の幅が狭めで(だからモデルによってはwideが選べる)、小指が押されて痛くなる事があったけど、エッジはやや広めで大丈夫そう。

カカトの形状もかなり改良されている。
内側にパットをぐるっと付けて踵の骨が引っかかって浮き防止になっている。
ハッキリ言ってナ◯キのペガ◯スやヴ◯ウパーに寄せてる感はあるけど、いい物はいいのでいいと思う。

 

まとめると、

クリフトンエッジは、
安定感抜群、
フラット着地からヒールストライクのランナーまで対応可能、
反発がありスピードもそこそこ行ける、
アッパーが軽く、そしてホールド感GOOD。

こんな感じかな。

 

走りはじめの人や脚筋力がしっかりしていない女性など安定感を求めるランナー、
長い距離を走るランナーなんかには特にオススメです。

 

そして何より見た目可愛いよねー。

 

最後にスペックを。

サイズ
Men’s 25.0cm~30.0cm
Women’s 22.0cm~25.0cm
重 さ
Men’s 252g(27cm)
Women’s 204g(24cm)
ソール
Men’s オフセット5mm/ヒール29mm/フォアフット24mm
Women’s オフセット5mm/ヒール26mm/フォアフット21mm

価格¥20,000+税

現在、HOKAONEONE®︎公式HPにて先行予約受付中

#hokaoneone
#hokaoneonecliftonedge
#ホカオネオネ
#ホカオネオネクリフトンエッジ
@hokaoneone_jp
#治療家トレーナー目線のランニングシューズレポート
#マラソン
#ウルトラマラソン
#ランニングシューズ
#マラソンシューズ
#ランニング
#runningshoes

トレーナー冥利

2020年6月23日

先日、ハラハリに小さい子供を2人連れて治療に来たママさんがいました。

 

入って来て顔を見た瞬間、なんとなく“はじめまして”な気がしないなぁなんて考えていたら、
『わたし、今から15〜6年前、学生の頃に2回くらい原さんに男子の駅伝合宿所で特別に治療してもらった事あるんです!』と。

 

やっぱり!旧姓なんて言うんだっけ?

 

『◯◯田です』

 

おー、覚えてる、覚えてる。
あまりない苗字だから覚えてるよ。
と言うより、思い出した!

 

『ホントですか⁈』

 

確か高校は◇◇高校だったよね?

 

『そうです、そうです。ホント覚えてくれてるんだ。嬉しいです。』

 

いやぁ、こっちこそ嬉しいよ。よく15年も前に、しかも数回しか治療してあげてないのに思い出してくれて、そんでもって探して見つけて来てくれたね。

 

『いつか何かあったら原さんに頼ろうとずっと思ってましたから』

 

そうかー。それはありがとう。
よく来てくれた。
このチビちゃん達育ててんだ。かわいいねぇ。

 

『すみません。うるさいの連れて来て。』

 

いやいや、全然ダイジョブ、問題ない。
挨拶もちゃんと出来ていい子だ。
あとでトレーニングスペースで遊んであげるよ。

 

『はい、ありがとうございます』

 

人懐っこくて可愛い子達だったなぁ。
これもママの人柄なんだろうな。

 

トップアスリートを相手する事も、重症の患者さんを救う事も、
歩けなかった高齢の方を歩けるようにしてあげる事も、
治療家としての使命であり、誇りだけど、
ボクはこうやって人と人の繋がりを持てる、この仕事に何よりも誇りを持てる。

 

情熱はトレーナーを志した32年前からひとつも変わらないよ。

お願いがあります。

2020年6月4日

こんにちは
ハラハリ はら鍼治療院のハラケンです。

 

ほぼ2ヶ月という長い緊急事態宣言が解除され、生活が徐々に戻ろうとしています。

 

とくに東京はここ1週間で電車もクルマも街も急に人が増えたように思います。

 

みなさん気を緩めているわけでは無いでしょうが、ここで油断をしてしまってはこれまでの我慢が無駄になりかねないので、いま一度それぞれがやるべき事を見つめ直し、共に頑張っていきましょう。

 

さて、
今日は日頃ハラハリをご利用いただいている皆さんや、FacebookやInstagramをフォローしてくださっている皆さんにボクからのお願いがあります。

 

コロナの影響により当治療院も3月に入った辺りから利用者が激減し、収入が半減してしまいました。

 

この3ヶ月で200万円近くの減収となってしまいました。

 

緊急事態発令中は、鍼灸マッサージは休業要請対象外業種の為、都からの協力金(最大100万円)も受ける事が出来ず、
“生きる為に”営業を続けていましたが、所詮世間が外出自粛体制なので人の動きがあるわけでも無くかなり厳しいものでした。

 

先日緊急事態宣言が解除されましたが、依然リモートワークを続ける企業も多く、
うちの患者さんの7〜8割を占めるランナーのみなさんも大会や練習会中止が続き、治療や調整に来る理由も無く、まだしばらくは患者さんは戻らないという状況が続きそうです。

 

正直言いまして、厳しいです。

 

このままでは秋まで保たないかも知れません。

 

ただ、ボクには治療だけではなくトレーニングやケア法を教えたり、カラダについての相談を受けるという、もう一つのチカラがあります。

 

これが今ボクがみなさんに提供出来る事であり、収入の一部で生き残る“綱”でもあります。

 

オンラインを使って朝や週末のトレーニング講座を開いていて、ありがたい事にある程度の固定の方が参加してくれていますが、もっともっと多くの人に知ってもらいたいし、参加者が増えてもらいたいです。

 

現在は、6月の朝トレーニング(毎週月水曜6:15スタート)を公開しています。

 

参加して良かったと思って頂けるよう毎回出し惜しみせず心を込めてやっています。

 

何もせず援助してくださいとは言いません。

 

真っ直ぐ向き合ってくれる人には最低1.1倍の気持ちでお返しする、がボクの信念です。

 

1セッション¥1,100です。

 

決して損はさせませんので、ぜひ是非ご参加ください。

 

お時間や都合の合わない方もいらっしゃると思いますので、週末などにも何かの形で皆さんに提供出来る事を考えてやっていきます。

 

どうかご理解ご協力、そしてご参加よろしくお願い致します。

 

申し込みはpeatixで行なっていますので、チェックしてみてください。

 

https://peatix.com/event/1505872/view

 

治療院の方も先日ブログ等にも書かせて頂いたように、感染予防に力を入れつつ通常営業しております。

 

来て、来てとは言えませんが、困った事がある方は是非いらしてください。ご相談ください。

 

この先もハラハリをどうぞよろしくお願い致します。

 

どうか生き残らせてください。

 

ハラハリはら鍼治療院 原健介

ページトップ