HARA KENSUKE

大学駅伝よもやま話

2019年4月13日

先日、この本の著者の出口庸介先生と久しぶりに呑んだ。

 

仕事で遅れて到着したボクが、

先生お久しぶりです!と握手を求め隣に座ると、

紙袋から一冊の本を引き出し、

健介はん、この本買うてくれたか?と、いつもの関西弁が返って来た。

 

あっ、先生、まだです!

 

ほんなら良かったわ。何冊か持って来たんやけど、これ最後の一冊や。まけといたるわ。

 

ありがとうございます!

あ、先生サインしてください。 とお願いすると、

オッケーと言って、テーブルの上にあったボールペンでシャラっとサインして渡してくれた。

 

別に押し売りしに来たんとちゃうで、と付け加えるあたりはさすが関西人だ。

 

この方、ボクと年齢がちょうど20歳違いの日体大駅伝部の大大先輩。

学生時代は駅伝主務を務め、卒業後は地元兵庫県で教諭になり多くの陸上選手を育てた。

コンピューターの無い学生時代から手作業で駅伝長距離マラソンのデータ集計をしており、その膨大な量と知識は世の中におそらく右に出る者はいない。

とくに大学駅伝に造詣が深く、この人ほど“箱根”を知り尽くしている人は他にいないと思う。

 

昨日はたまたま50代40代30代20代それぞれの元ランナーが一緒だったわけだけど、

一人ひとり、何年生の時に何区で区間何番、チームは何位だった、戦況はどうだっか、優勝はどこがしたなど、データがスラスラスラーと口から出て来る出て来る。

 

大学駅伝に付随して高校駅伝や中学駅伝にも興味があるもんだから、誰々が中学の時はタイムがいくつ、全国で何位、

ボクが全然知らないような選手のフルネームから出身まで次々と出てくる。止まらない。

 

まあ、話を聞いていて飽きない。ずっと聞いていたくなる。へー、へーの連続だ。

 

箱根駅伝観戦時は、“一家に一台”欲しいくらいだ。

 

まさに“駅伝の生き字引”。

金栗杯特別賞をあげてもいいと思う。

 

そんな出口先生が持っている多くの駅伝エピソードの中から厳選され纏められたのが、

この【大学駅伝よもやま話】ベースボールマガジン社だ。

 

箱根駅伝ファンはもちろん、ただ何となく大学駅伝を観ている人も是非手に取ってもらいたい。

 

大学駅伝の見方がもう一つ面白くなる事請け合いだから。

 

ひとしきり呑んだ後、みんなで改札口まで見送り、

ありがとうございました!またお願いします!と頭を下げるボクに、

 

健介はん、ほなまた

 

と手を挙げて改札の中へ入って行った。

治療家トレーナー目線のランニングシューズレポート 番外編

 

NIKEのzoomfly flyknitを6年生なる双子の娘1号・2号に、

これちょっと履いて走ってみ、と言って走らせてみた。

2人の走りの何がどうとは敢えて言わないです。

 

インスタに上げた動画と併せて見てみると、なるほどーな事が分かるはずです。

 

少し前に、ランニングフォームを改善するのはそう難しく事ではない、大事なのは“心技体”だ、と言うことを書いたけど、

ここで大切になってくるのは“心(脳)。

 

どこが良くて、どこがダメ、どこがどうなるといいのか、自分で分かる、分かろうとしなければ、変わる事は厳しいと思う。

 

何となくおかしいから直したい。

そんな意志と目線ではゴールには辿り着けないです。

 

ちなみに2人のzoomflyを履いて走ってみての感想は、

 

1号

やばーい!お父さんやばーい!これめっちゃ進む。運動会前に買って!

 

2号

・・・・、よくわかんない。

 

この2人の感想の違いがボク的にはとても興味深かった。これヒント。

 

はい、レッツ シンキング!

 

#治療家トレーナー目線のランニングシューズレポート

#子ども目線のランニングシューズレポート

#ランニングフォーム

#ランニングフォーム改善

自分のシューズをよく観察してみよう!

自分が履き込んだシューズのソールの減り方や上から見た時の形の崩れ具合ってチェックしてます?

ボクは使うたびに見ます。

シューズって自分の走りを如実に示してくれるものだから、頻繁にチェックした方がいいと思いますよ。

カカトの擦れ具合を見れば、どこで着地しているか、蹴っているか、

甲の部分を見れば、プロネーションを起こして内側に倒れていないか、小指側が飛び出しているほど外に重心が掛かってないかなど、

シューズからのサインは多く見られます。

故障・不調予防にはシューズチェックは欠かせないと考えます。

ボクはここ数年でカカトの減りが格段に減りました。

ソール全体の減りも少なくなり、シューズが長持ちするようにもなりました。

これがいいかどうとかと言う話はさて置き、

ボクは若い頃と走りが明らかに変化しました。

ランニングフォームはどんな人でも必ず変えられます。

どんな人でもより良く出来ます。

それには“心技体”が必要ですけどね。

それについては今度書きます。

この春には『ランニングフォーム改造講座』みたいなものをシリーズで出来たらいいなぁと目論んでいます。

(ボクの場合、治療業務の傍らやるの大変なんでやっぱやーめたも十分ありえるけどね)

とりあえず練ってみます。

#シリーズ観察

#ランニングシューズ

#runningshoes

#ランニングフォーム

#踵着地 #つま先着地

#フラット着地

#midfootstrike

毎春恒例のBCT指導会

2019年3月21日

ここ3年ほど恒例になっている

兵庫 須磨学園高校 と 京都 洛南高校

のトレーニング指導。

今年も行って来ました。

あえて細かい事は書きません。

ボクが高校生相手に何故熱く指導する事を続けるのか。

おまけ

京都に泊まった翌朝に朝ランした時に撮影した写真をいくつか。

まだまだ

2019年3月18日

15年修行した鍼の師匠の元から離れ独立したのが2009年。

 

“お金無し・計画性無し・社会的信用無し”

の中で、横浜の自宅近くの築40年近くのボロアパートで何とか始めた最初の治療院。

 

これは、その時作った手作りの看板。

 

その時から10年、東京世田谷に移転して3年が経とうとしている。

 

都心でたった1人で鍼の治療院をやっていくのは意外と大変。

 

やっていける根拠は無かったけど、やれる自信はあった。

 

だって、やらなかったら15年辛い思いしたのがムダになるもん。

15年の修行時代の話聞いたら引くと思う。今の人には出来ないだろうなぁ。

 

19歳でトレーナーを志し30年。

これまで辛い事はたーくさんあったけど、この仕事を一度たりとも嫌だと思った事は無い。

 

先の事は分からない。

目の前にあるものを丁寧に、そして気持ちを込めて、今持てるチカラを精一杯出す。それしかないし、それしか出来ない。

 

例え治して救ってあげられたとしても“ゴッドハンド”とは言われたくない。

神でも何でも無く、ボクが学んで経験して実践して来たと言う実質的な事実以外ないから。

 

だから不完全でもあるわけだし、その先を目指せる。

 

まだまだ志し半ば。

 

#ハラハリ #はら鍼治療院 #3周年 #10周年 #30周年

#人生全くと言っていいほど順風満帆では無い

※この電話もアドレスも現在は使われておりません。

ページトップ