HARA KENSUKE

それぞれの復帰①

2019年8月17日

 

人にはそれぞれ戻るべき場所がある。

 

怪我を負ったアスリートならば怪我を克服し練習へ、そして試合に戻り結果を残さなければならない。

 

2ヶ月ほど前、

昨年試合中に負った肘の脱臼の後遺症で悩んでいるプロレスラーがハラハリに来た。

 

彼は平日は会社員として働き、週末になるとプロレスラーへと変身する“サラリーマンプロレスラー”だ。

 

掛かりつけの整形外科医では、日常の生活に支障は無いとみなされ、“完治”と判断され診察は終了となった。

 

しかし違うのだよ。

サラリーマンプロレスラーの彼にとっては、プロレスを思う存分出来てはじめて“完治”であり、それこそが日常なのだ。

 

相手に関節を取られる。マットの上で思い切り後ろ受け身が取れる。アクロバティックな技の時に片腕で体重を支えられる。

 

これらを怖さを忘れて出来なくてはならない。

 

じゃあ目指そうじゃないの、そこ。

 

当初は肘の完全伸展が出来ず、腕立て伏せもプルプルしてなんとかやってた。

毎週のように治療に来て、時にはリハビリトレーニングをしたりして。

 

本当にリングに戻りたいのがひしひしと伝わってきた。

 

 

そして先日8月12日、

彼はリングに戻った。

 

トレーニングを積めていないので、体力、試合勘はまだまだ納得のいく状態では無いだろうけど、

まずはリングに上がりプロレスラーに戻る事が出来、肘の痛みも無く試合を終えれた事にボクとしては一安心した。

 

TVに出ているようなメジャーな団体でも、まだ有名なレスラーでもない。

 

でもそんな大小は関係ないのだ。

 

人は自分の居るべき場所で、自分らしく立って生きる事が何よりも大切なのだから。

 

 

#ハラケン

#ハラハリ

#はら鍼治療院

#脱臼後遺症

からの

#ドロップキック

治療家トレーナー目線のランニングシューズレポート

今回はHOKAONEONEのニューモデル【RINCON(リンコン)】

 

まずはメーカー説明をどうぞ。

 

RINCONは波が滑らかなサーフィンスポットとして世界的に有名なカリフォルニアのリンコンをイメージした、ロードカテゴリーの新モデル。

シングルレイヤーアッパーや薄いタンで、ごく軽量なシューズに驚くほどのクッションを詰め込み、ソフトでスピーディーな走り心地を実現。スタイリッシュな非対称デザインのシングルレイヤーアッパーや薄いタンで、片足わずか218g(27cm)の軽量なシューズに驚くほどのクッションを搭載。ソフトでスピーディーな走り心地を実現しました。

 

トレーニングやレースにも使えるスピードも実現。速さとクッショニングを求めるランナーに最適なシューズです。オフセット5mm

HOKAのシューズというと、

CLIFTON、ARAHI、BONDIなどに代表されるような

ソールが厚底で幅広でクッショニングと安定性が群を抜いている。

しかしその分どうしても重量が出て重たくて(280g前後)、スピードを出すにはあまり適していないという感じだった。

HOKAでスピードモデルとなると、

TRACERやCARBON ROCKET、CARBON XのようなHOKAの本来売りであるの厚底安定のものとはコンセプトが違ったモデルになってしまっている。

決してこれらがダメだと言ってるわけではなく(ボクCARBON X欲しいもん)、HOKAONEONEの良さと言えば“ふわふわ厚底”だから別人みたいって事です。

 

では今回レポートするRINCONはどうかと言うと、

見ての通り“厚底”の流れを汲んでいるんです、これがまた。

見た目的にはCLIFTONに近いでしょ。

 

HOKAONEONE独自の前へ前へと重心移動を導いてくれるメタロッカーシステム、ふわふわ厚底クッショニングは継承されつつ、

それでいてRINCONは軽量に仕上げられているんです。(CLIFTONと40gほど、BONDIとは100gくらい違う)

 

こういうの期待して待ってました、ボク。

 

で、実際手に取りビックリ、履いてビックリ。

めちゃ軽い。見た目がポッテリしてるから尚軽く感じる。

↑このカカト後ろのヒモが優秀。履くのが楽。

 

 

早速履いて走ってみたかったけど、仕事のイベントの都合上走る間が無く、

イベントの合間に軽くアップしただけで1kmを1本行ってみた。

 

なんと!タイムは3分10秒。

これは最近の自分の走力的にはほぼベスト。

 

しかもトラックでは無く、四角い公園での計測なので、一桁とも評価出来るかも。

 

実際履いて走った感想ね。

 

とにかく軽いのよ、軽い。

 

そしてクッションが秀逸。これぞホカ。ホカオネオネ。

 

軽さの秘密は、アッパーやタンが薄くなった事とソールの素材と裏の補強ラバーが最小限にしてある事、インソールが取り外し式ではないのでその分薄くなっている、などが挙げられると思う。

 

今のボクのコンディションで1km3.10は上出来。

このタイムで走らせてくれたこのシューズは素晴らしい。

 

 

HOKAのシューズを履いているHOKAファンの人は買わない選択肢は無いと思う。

 

 

CLIFTONなどを練習シューズにして、RINCONをスピード用、または本命レース用にするっていう使い方はとても有効な気がする。

 

ただ、HOKAの厚底の系統なので“接地感”は全然ないです。ふかふかマシュマロが足と地面の間に鎮座している感じです。

 

まあ、このRINCONに限らずHOKAはそこは認識の上履くシューズですけどね。

反発も、カーボンやプラスチックが入っているわけでも無いので構造上の反発ではなく、ソールのクッションの素材での反発といった感じですね。

 

治療家トレーナーからの印象は、

 

軽さで速く走れて、それで柔らかさが関節に優しいシューズなので、

アスリートから走りはじめの人までどんなランナーにもオススメしたいシューズ

 

と言ったところです。

 

¥14,000+taxだし、買いですよ。

 

#治療家トレーナー目線のランニングシューズレポート @hokaoneone #hokaoneonerincon #hokaoneone

根本は治療家なわけで、

基本は故障した選手や試合に向けてのコンディションを整える治療、または疲れを取り除く治療をする事が本業であるわけだけど、

広い目で見ると、怪我をしないカラダ作りや動きの修正、パフォーマンスアップする為の筋力強化や動き作りもボクとしてはやりたい事だし、欠かせない事でもある。

 

選手が自分の長所を認識し、弱点に気付き地道に修正していく事はとても大切。

 

だけど走っている中でそれに気付く事はなかなか出来ない。

こうやってトレーニングの中で動作を分解してやると分かりやすいし、本人も腑に落ちやすい。

地味だけど大切な事なんだよねー。

捻挫の治療その後

2019年7月20日

治療4回目

 

無事約束していた美術館に行けたとのこと。

 

今日はもう杖も持たず、横断歩道を小走りで渡れたんだって。

 

あとはリハビリを教えたので、それを日々やりながら、歩いて自分で動かして治していってもらう。

 

来週には立ち仕事に復帰するそう。

 

良かったですねー。

 

#ハラハリ #はら鍼治療院 #ハラケン

#捻挫 #肉離れ #打撲

#シンスプリント #足底筋膜炎 #ランナーズニー #腰痛 #鍼治療

#トレーナー

捻挫の治療

2019年7月12日

先月1人凄い捻挫のハンドボールをやっている高校生(1ヶ月松葉杖生活してた)を3回で復帰させたところだけど、今週もまた凄い捻挫の人が来た。

 

2週間前に駅の階段で踏み外してヒドい捻挫をしてしまった50代の女性

 

ボクのところを紹介されて来たのが受傷から1週間経ってから。

 

足首から下がポンポンに腫れていて、松葉杖をついてタクシーに乗ってやっとの思いで来た。

 

腫れてるし、運動障害あるし、痛みもまだ強く、日常生活にかなり支障あり。

 

これは早く治してあげないと可哀想でしょ。

 

1回目治療して、2日経って今日。

 

松葉杖が短い1本杖に変わっていて、渋谷からバスを乗り継いで歩いて来た。

 

歩き方もだけど患部を見たら随分回復していて、本人も良くなったと喜んでくれていた。

 

それでもまだこんなに腫れている。(画像上)

 

もっと早く良くしてあげないと。

 

治療したら、ここまで腫れが引いた。(画像下)

 

これで少しずつ体重を掛けられるだろう。

おそらく次3日後に来る時には、杖無しで歩いて来ると思う。

 

その日午後から美術館に行く約束してたけど、こんなんだから一旦断ったらしく、行けませんよね?と聞かれた。

 

大丈夫。行けますよ。

せっかくだから行ったらいいじゃないですか。

次来る時には歩けてますよ。

 

と言ったら、ホントですか⁈と明るい表情になった。

 

大丈夫ですよ。その代わりまたやらないようにくれぐれも気を付けてくださいよ。

と言い加えといた。

 

捻挫や肉離れや打撲など急性のものは、初動の対応がその後の回復を大きく左右します。

 

今回の捻挫の2人もやってすぐに来てくれていたら、もっともっと早く良くなっていたと思います。

 

 

どんな怪我もですが、こじらせればこじらすほど治るのが大変になります。

 

アクシデントが起きた時や、故障してしまってどうしたらいいか分からない時は、まず相談してください。

#ハラハリ #はら鍼治療院 #ハラケン

#捻挫 #肉離れ #打撲

#シンスプリント #足底筋膜炎 #ランナーズニー #腰痛 #寝違え

ページトップ