HARA KENSUKE

捻挫の治療

2019年7月12日

先月1人凄い捻挫のハンドボールをやっている高校生(1ヶ月松葉杖生活してた)を3回で復帰させたところだけど、今週もまた凄い捻挫の人が来た。

 

2週間前に駅の階段で踏み外してヒドい捻挫をしてしまった50代の女性

 

ボクのところを紹介されて来たのが受傷から1週間経ってから。

 

足首から下がポンポンに腫れていて、松葉杖をついてタクシーに乗ってやっとの思いで来た。

 

腫れてるし、運動障害あるし、痛みもまだ強く、日常生活にかなり支障あり。

 

これは早く治してあげないと可哀想でしょ。

 

1回目治療して、2日経って今日。

 

松葉杖が短い1本杖に変わっていて、渋谷からバスを乗り継いで歩いて来た。

 

歩き方もだけど患部を見たら随分回復していて、本人も良くなったと喜んでくれていた。

 

それでもまだこんなに腫れている。(画像上)

 

もっと早く良くしてあげないと。

 

治療したら、ここまで腫れが引いた。(画像下)

 

これで少しずつ体重を掛けられるだろう。

おそらく次3日後に来る時には、杖無しで歩いて来ると思う。

 

その日午後から美術館に行く約束してたけど、こんなんだから一旦断ったらしく、行けませんよね?と聞かれた。

 

大丈夫。行けますよ。

せっかくだから行ったらいいじゃないですか。

次来る時には歩けてますよ。

 

と言ったら、ホントですか⁈と明るい表情になった。

 

大丈夫ですよ。その代わりまたやらないようにくれぐれも気を付けてくださいよ。

と言い加えといた。

 

捻挫や肉離れや打撲など急性のものは、初動の対応がその後の回復を大きく左右します。

 

今回の捻挫の2人もやってすぐに来てくれていたら、もっともっと早く良くなっていたと思います。

 

 

どんな怪我もですが、こじらせればこじらすほど治るのが大変になります。

 

アクシデントが起きた時や、故障してしまってどうしたらいいか分からない時は、まず相談してください。

#ハラハリ #はら鍼治療院 #ハラケン

#捻挫 #肉離れ #打撲

#シンスプリント #足底筋膜炎 #ランナーズニー #腰痛 #寝違え

現在放送されているNHK大河ドラマ“いだてん”の主人公の日本人で初めてオリンピックに出場した日本のマラソンの父・金栗四三さんの生まれ故郷の熊本県の和水町(なごみまち)に呼んで頂き、

陸上を頑張っている中学生と高校生、そして指導者の方対象のBCT講座をしてきました。

 

対象が中学生中心なので、極力難しい言葉は使わず噛み砕いて話すように努めましたが、

伝えなくてはならない事はしっかりと伝えます。

例えば、このプランク(フロントブリッジ)なんかは、何故やる、どうやる、どうなったらダメか、そもそも必要なのかなど、いつもの如くハラケンの拘り満載で話しました。

ドリルやダッシュもたくさんやって、盛り上がったー。

最後はいつもの記念撮影

みんな一所懸命積極的に取り組んでくれました。

この中から金栗さんに続く世界的なランナーが出て来る事を願います。

まあ、そんな事はさて置き、

自分を精一杯表現出来る選手、そして人になってもらいたいです。

今回の事が少しでもキッカケになってもらえたら嬉しいです。

翌日の地元紙に当日の様子が掲載されたようです。

BCT本6度目の重版!

2019年5月24日

な、な、なんと!

 

速くなる体幹トレーニングBCT

ベースボールマガジン社

 

が、6度目の重版になると出版社から連絡がありました!

 

しかも今回は2,000部(普段は1,000単位)

これで1万部突破ー‼︎ すごーい、すごーい、すごーい!

 

5年前に出たボクの本が未だに売れているんですよ⁈

 

買ってくれている人がいるって事ですよ。

 

いやぁ、ありがたや、ありがたや。

 

さすがにもう全国に呼んでもらえる事は少なくなったけど、

また地方行って、カラダや動きの作り方を話しに周りたいなぁ。

 

呼んで頂ければ、全国どこでも行くからね!ハラケン

 

 

これまで『速くなる体幹トレーニングBCT』をご購入頂いた皆さんありがとうございます!

 

是非のまだお持ちでは無い方にオススメよろしくどーぞです。

 

しかし、一治療院のおっちゃんが1万人以上の人に知られるって凄くない?

ハラハリ3周年

2019年5月19日

先日、

ハラハリ3周年パーティ

『三茶で三宿で3周年』を開催させて頂きました。

ボクみたいなたった一人の鍼治療院のおっちゃんが周年パーティなんてとてもおこがましいのですが、

3年頑張ってきたんだからやろよやろうよと声を掛けて頂きささやかながら開くことになりました。

 

結果、こんな多くの方に集まって頂き、とても楽しく大盛り上がりの会となりました。

 

知ってる人もいれば、はじめましての人もいる中で、ハラケンキッカケでワイワイと話が弾み皆さん楽しそうでした。

こうして支持してくる人達の為に、これからも

もっともっと精進してお返しをしたいと思います。

 

この会にはいらしてない皆さんの為にももちろん

ボクは精一杯やりますので、4年目に入るハラハリをどうぞよろしくお願い致します。

人と人が繋がり、また次へと繋がる。

こんな楽しい事ないなぁと思った夜でした。

治療家トレーナー目線のランニングシューズレポート

 

new balance Minimus MT10

いわゆる“裸足系ランニングシューズ”です。

 

前にナイキのfreeを少し履いていた時期があったんだけど、どうも納得いかなくて。

 

納得いかないと言うのは、“裸足感覚のシューズ”と謳っているわりには、裸足感覚とは程遠い感じがして、気持が悪くて、これ裸足ちゃうやーん!て。

 

なので、結局履かなくなってしまった。

 

ボクは裸足または裸足に近い感覚のシューズでランニングする事はとても大切だと思っていて、

以前は人工芝のラグビー場を裸足で走れる環境にいたので、月に何度かは裸足ランを実践していた。

 

最近になって、なかなかそのグランドに行ける機会が少なくなり、裸足ランニングが出来てないから、カラダ気持ち悪りーなーってずっと思ってて、

こりゃいかんと、今回ロードでもトレイルでもいける、このnew balanceのMT10を購入したってわけ。

 

 

結論から言うと、

これ、めちゃいいです!

 

かなり裸足に近い。

 

最近流行りの反発系のシューズが、

“どんどんスピードを上げたくなるシューズ”ならば、

これは、“もっともっと長く走っていたいシューズ”

とボクは思った。

 

どういう事かと言うと、

自分の足指、アーチ、足首膝股関節をしっかり使っている事を味わえるシューズだから、気持ちよくて走りたくなっちゃう。

 

反発させる為のプレートが入っていたり、

爪先が上がっていて、前に前に重心移動させてくれたり、

アウトソールやヒールカップが安定してサポートしてくれたり、

そんなもんが一切ないので、“自力で”それらの機能を補わなくてはならない、

ならないと言うか“させてくれる”シューズと言うわけです。

 

今朝、慣らしで6kmほどユルジョグをしようと思ったんどけど、走り始めたら、自分の足で走ってる感が気持よくて楽しくて、ついつい距離も延び、スピードも上がり5分切りで13kmも走ってしまった。

 

走ってる間、指全体が地面を捉え、アーチがクッションして、そして蹴り出しの反発になってくれているのを実感出来て、

これこれ、走るってこれ!って。

 

人間本来の走りはこれだ!って。

 

ボクは常々、色んなシューズを履いてくださいと言っているけど、

こういったベアフットランニングシューズも是非手元に、いや足元持っていて欲しい一足です。

 

 

最後に、このシューズの特徴を記しておきます。

 

重量は約200g

 

長さはやや短く作られている。その代わり、前足部の幅が広めに取られていて、足指が自由に動かし易い構造になっている。

 

ドロップ差は4mm。ほぼフラットに感じる。

 

縫い目は外に出していて、中にストレスを掛けないようになっているので、靴下無しでもいける。

 

アウトソールはVibramソールが使われているのでしっかりとしている。

#治療家トレーナー目線のランニングシューズレポート

#ベアフットランニング #裸足ランニング #ランニングシューズ #newbalanceminimus #newbalancemt10 #ニューバランスmt10

 

普段高性能シューズを履いているランナーにこそ履いてもらいたい。

ページトップ