HARA KENSUKE

BASE CONTROL TRAINING

原 健介

NEWS/新着情報

箱根駅伝とヴェイパーフライ④

2020年1月16日

箱根駅伝とヴェイパーフライ④   前回の続きです。   ズバリ! ヴェイパーフライネクストパーセントはどのようなランナーに適しているのか。 そのヒントは前回ボ…

箱根駅伝とヴェイパーフライ③

2020年1月15日

箱根駅伝とヴェイパーフライ③   今や長距離マラソンのトップ選手達の定番シューズとなっているヴェイパーフライネクストパー   今回は皆さんの最大の関心事、 選…

箱根駅伝とヴェイパーフライ②

2020年1月12日

  箱根駅伝とヴェイパーフライ②   さて、 NIKEヴェイパーフライネクストパーセントですが、 何が凄いかを紐解くには、まず履いている選手達の感想を聞いてみ…

箱根駅伝とヴェイパーフライ

2020年1月11日

  箱根駅伝とヴェイパーフライ①   今年の箱根駅伝では“やっぱり強かった”の青山学院が大会新記録となる10時間45分23秒と言う驚異的な総合タイムでの優勝を…

■ 原 健介
(はら・けんすけ)

1970年
新潟県生まれ。
1992年
日本体育大学卒業。在学中から陸上部トレーナーチームで、学生トレーナーとしてトレーナー活動を開始。
1995年
はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格取得。
1994年から15年間、スポーツ鍼の第一人者・小林尚寿氏の元で修行。
1999年
別府健至氏の日体大駅伝監督に就任を機に、駅伝部の選手の治療を開始。
2009年
横浜市青葉区に《はら鍼治療院》を開業。アスリートを中心に幅広い治療を始める。
2012年
箱根駅伝の後、BCTを確立し、日体大駅伝部に本格的に指導開始。
翌年の箱根で日体大が30年ぶりの優勝を果たしてBCTも注目される。
それを機に、全国の中学高校や大学、実業団、市民ランナー、指導者などを対象に、BCTの普及にあたる。
2016年5月
三軒茶屋に《ハラハリ はら鍼治療院》として移転オープン。

ページトップ