HARA KENSUKE

市民ランナー必須ストレッチ①

2016年6月19日

image

ストレッチなんて面倒臭いし、やりたくないと言う、そんな市民ランナーの皆さんにお送りする

ダマされたと思ってこれだけはやった方がいいよ

と言うストレッチを“厳選して”紹介していくシリーズ。

 

【市民ランナー必須ストレッチ】

 

今回が第一回目。

 

最初から最重要種目を紹介しちゃいますよー。

 

 

 

1日の殆どをデスクに向かってのPC作業。

 

椅子に座り、パソコンをパチパチ打つ姿勢は、

股関節屈曲・骨盤後傾・胸腰椎後湾・肩甲骨外転・肩甲骨挙上・胸筋短縮…

を起こします。

 

それに伴い、

背筋群・臀筋・ハムストリングと言ったカラダの裏側の筋肉が硬化・弱化されてしまう、とても良くない姿勢です。

 

疲れた背中、老けた見た目はこれが原因です。

 

これはランニングとは真逆の、言ってみれば「不良姿勢」。

 

この形が染み付いたままランニングしていいわけがありません。

 

 

お仕事の後に走る時はとくに、姿勢を正しくリセットしてからランニングをスタートさせましょう。

 

結果が全く違ってきますから。

 

では動画。

 

 

 

まず膝立ちになります。(膝は腰幅より気持ち広く)

つま先は立てます。

 

そこからカラダを後ろにグーと倒して行き、カカトを掴みます。

 

これだけでも、股関節伸展・骨盤前傾・胸腰椎伸展・肩甲骨内転下制、それに加え大腿前面筋伸展と、最初に言ったデスクワークでの不良姿勢と逆動作になりますよ。

 

そこから更にお尻にキューッと力を入れ、胸の前の部分を斜め前方に突き上げてあげると、カラダ前面全体が連動してストレッチされてる感覚が得られて、より気持ちよく伸ばされます。

 

動画でボクがやっているように、緩める→入れるを繰り返すのもいいと思います。

 

 

これやると、小さい所から出て来て、伸び〜としたように、とても気持ちいいです。

 

『走れそう!』ってなるスイッチの一つです。

 

是非やってみてください。

 

※ランニングなどの運動をしない方にももちろん効果アリですから。

というか、運動しないからこそやって頂きたい。

肩こりや腰痛予防になりますよ。

 

 

今後も、面倒くさいストレッチが好きになる情報紹介していきます。

 

 

パーソナルBCTでは、トレーニングだけではなく、カラダにまつわるこんな事などもご指導させてもらっています。

是非ご利用ください。

 

 

ハラハリ  はら鍼治療院

0364509120

hara.hari@harakensuke.jp

ページトップ