HARA KENSUKE

2020年2月27日

たまにはうちの子達の話をしよっかな。

 

我が家にはラグビーをやっている高校1年の息子と、
ミニバスケットをやっている小学6年の双子の娘がいます。

 

息子はラグビーの全国トップのチームに入っていて、先日行なわれた関東新人大会に出場し、チームは優勝を飾りました。

 

次は3月末に行なわれる全国選抜大会です。
またメンバー入り出来るといいんですけどね。

 

バスケをやっている娘達は、幼児の時からやっていたラグビーから4年生の時にミニバスケに転向し、レギュラーにしてもらい、
最後の県大会では2人で優秀選手賞を頂けるくらいには頑張っていたようです。

 

ボクは仕事が土日祝日もあるので、子供達の試合を生で観たことがほぼ無いです。

 

本人達から試合後に報告を聞いたり、スマホで試合の動画をほー、頑張ってんねーって思って観ています。

 

試合の動画を観て、子供にあそこがダメ、ここがダメ、なんであんなプレーをしたんだ、とダメ出しをする親もいるようですがボクはしないです。
一緒に観ながら、ここでどうすればもっと良かったかなと問うたり、
良かったプレーを何回も繰り返して戻して観ては、いいねー今の、また次もやりなよ、って言うくらいです。

 

だって、過ぎた事あいだこうだ言っても引き返せるわけじゃないし、本人もそんなの楽しくないだろうから。

 

子供、いや大人だって“ダメ出し”なんてされたか無いよね。そんなのひとつも嬉しかない。

 

ボクはなんでも褒めればいいってもんじゃないと思っていて、
褒めるのではなく“評価する”事が教育には大切なんじゃないかと思っています。

 

何が出来ていて、何が出来ていないか。

出来ている部分は、どんどんやればいいと話し、
出来ていない部分は、ここが出来たらいいところがより良くなるねと話す。

 

それだけでいいんじゃないかって。

 

人は褒められたい為にやっているのではなく、
認めるられたい為にやっている、生きているんじゃないかって。

 

そんな気がします。

 

子供達には、自分で考え、自分で道を選び、進んでもらいたい。

ボクが親として望む事はそれだけかなぁ。

ページトップ