HARA KENSUKE

GTO

2020年2月25日

ゲストティーチャーお父さんGTO

 

娘達の通う小学校でゲストティーチャーとして『お仕事について』の特別授業をしてきました。

 

息子の時も呼ばれたのでこれで2回目という事になります。

鍼師・トレーナーはどのような事をするのか

 

やっていて嬉しいと思う時はどんな時か

 

子供の頃にハマっていた遊びは何?

 

仕事をする上で大切にしている事は?

 

など、子供達の質問に答える形でトークしました。

 

途中、先生から「相手の心に入るにはどのような事を意識していますか?」と質問があった時、
おもむろに前に出て50回くらいひょいひょいと腕立て伏せをやってみせました。
みんながおぉーとかスゲーとか声を上げて前のめりになって注目したので、
こういう事です、と答えて立ち上がりました。

 

その後、マッサージを上手くやるポイントは何か有りますかという質問の答えと合わせて、

 

ボクのこの仕事に関わらず、いかに相手の気持ちに、立場に立って物事をみてあげられるかが一番大切で、それさえ出来ていれば大概の事は上手く行くんじゃないかとボクは思います

 

と答えました。

最後は“鍼”とはどんな物か実物を見せて触らせて、種類などについて説明し、
そしてデモンストレーションとして担任の先生(鍼未経験)に皆んなの前で鍼を打ってみせました。

 

みんなボクの手さばきと、スルッと先生の肩に入って行く鍼を見て、おー、とか、ひやー、とか声を上げてました。

 

先生は痛くも痒くも無い鍼にビックリ。

 

あっという間の1時間だったけど、六年生にはどう響いたかなぁ。

 

娘が帰って来たら聞いてみよ。

 

嫁さんが写真係で付き添って来たけど、一傍聴者で聞き入っちゃって、あまり写真撮れてないと言うね。

ページトップ