HARA KENSUKE

それぞれの復帰①

2019年8月17日

 

人にはそれぞれ戻るべき場所がある。

 

怪我を負ったアスリートならば怪我を克服し練習へ、そして試合に戻り結果を残さなければならない。

 

2ヶ月ほど前、

昨年試合中に負った肘の脱臼の後遺症で悩んでいるプロレスラーがハラハリに来た。

 

彼は平日は会社員として働き、週末になるとプロレスラーへと変身する“サラリーマンプロレスラー”だ。

 

掛かりつけの整形外科医では、日常の生活に支障は無いとみなされ、“完治”と判断され診察は終了となった。

 

しかし違うのだよ。

サラリーマンプロレスラーの彼にとっては、プロレスを思う存分出来てはじめて“完治”であり、それこそが日常なのだ。

 

相手に関節を取られる。マットの上で思い切り後ろ受け身が取れる。アクロバティックな技の時に片腕で体重を支えられる。

 

これらを怖さを忘れて出来なくてはならない。

 

じゃあ目指そうじゃないの、そこ。

 

当初は肘の完全伸展が出来ず、腕立て伏せもプルプルしてなんとかやってた。

毎週のように治療に来て、時にはリハビリトレーニングをしたりして。

 

本当にリングに戻りたいのがひしひしと伝わってきた。

 

 

そして先日8月12日、

彼はリングに戻った。

 

トレーニングを積めていないので、体力、試合勘はまだまだ納得のいく状態では無いだろうけど、

まずはリングに上がりプロレスラーに戻る事が出来、肘の痛みも無く試合を終えれた事にボクとしては一安心した。

 

TVに出ているようなメジャーな団体でも、まだ有名なレスラーでもない。

 

でもそんな大小は関係ないのだ。

 

人は自分の居るべき場所で、自分らしく立って生きる事が何よりも大切なのだから。

 

 

#ハラケン

#ハラハリ

#はら鍼治療院

#脱臼後遺症

からの

#ドロップキック

ページトップ