HARA KENSUKE

治療家トレーナー目線のランニングシューズレポート 番外編や

2019年3月28日

治療家トレーナー目線のランニングシューズレポート 番外編

 

NIKEのzoomfly flyknitを6年生なる双子の娘1号・2号に、

これちょっと履いて走ってみ、と言って走らせてみた。

2人の走りの何がどうとは敢えて言わないです。

 

インスタに上げた動画と併せて見てみると、なるほどーな事が分かるはずです。

 

少し前に、ランニングフォームを改善するのはそう難しく事ではない、大事なのは“心技体”だ、と言うことを書いたけど、

ここで大切になってくるのは“心(脳)。

 

どこが良くて、どこがダメ、どこがどうなるといいのか、自分で分かる、分かろうとしなければ、変わる事は厳しいと思う。

 

何となくおかしいから直したい。

そんな意志と目線ではゴールには辿り着けないです。

 

ちなみに2人のzoomflyを履いて走ってみての感想は、

 

1号

やばーい!お父さんやばーい!これめっちゃ進む。運動会前に買って!

 

2号

・・・・、よくわかんない。

 

この2人の感想の違いがボク的にはとても興味深かった。これヒント。

 

はい、レッツ シンキング!

 

#治療家トレーナー目線のランニングシューズレポート

#子ども目線のランニングシューズレポート

#ランニングフォーム

#ランニングフォーム改善

ページトップ