HARA KENSUKE

まだまだ

2019年3月18日

15年修行した鍼の師匠の元から離れ独立したのが2009年。

 

“お金無し・計画性無し・社会的信用無し”

の中で、横浜の自宅近くの築40年近くのボロアパートで何とか始めた最初の治療院。

 

これは、その時作った手作りの看板。

 

その時から10年、東京世田谷に移転して3年が経とうとしている。

 

都心でたった1人で鍼の治療院をやっていくのは意外と大変。

 

やっていける根拠は無かったけど、やれる自信はあった。

 

だって、やらなかったら15年辛い思いしたのがムダになるもん。

15年の修行時代の話聞いたら引くと思う。今の人には出来ないだろうなぁ。

 

19歳でトレーナーを志し30年。

これまで辛い事はたーくさんあったけど、この仕事を一度たりとも嫌だと思った事は無い。

 

先の事は分からない。

目の前にあるものを丁寧に、そして気持ちを込めて、今持てるチカラを精一杯出す。それしかないし、それしか出来ない。

 

例え治して救ってあげられたとしても“ゴッドハンド”とは言われたくない。

神でも何でも無く、ボクが学んで経験して実践して来たと言う実質的な事実以外ないから。

 

だから不完全でもあるわけだし、その先を目指せる。

 

まだまだ志し半ば。

 

#ハラハリ #はら鍼治療院 #3周年 #10周年 #30周年

#人生全くと言っていいほど順風満帆では無い

※この電話もアドレスも現在は使われておりません。

ページトップ