HARA KENSUKE

ランニングシューズはトレーニング目的に応じて履き替えよう

2019年3月5日

ランナーのみなさん、トレーニング内容に応じてシューズを履き替えてますか?

 

まさか、

1足で、移動して、アップして、インターバルやって、ダウンして、打ち上げ行って、

なんて事してませんよね。

 

ドキッ!としたそこのアナタ、

シューズの履き替えについて考え直してみると、それだけでタイムが上がったり、故障が減ったりするかも知れませんよ。

 

今は、スポーツ店のシューズコーナーに行くと実に様々な種類のシューズを見ることが出来ます。

 

厚底・船底・軽量・高クッション・高反発・グリップ重視・ベアフット系…

 

どれを選んだらいいのか分からないくらい。

 

どうしても流行り”やデザインに目を取られがちですが、

サイズ感はもちろん、踵のホールド感、

ソールやアッパー、クッションやドロップ、裏の形状や素材など、

それぞれにはそれぞれの特色があり、

足にも、路面にも、走るスピードにも、フォームにも向き不向きがあります。

 

自分の足に合ってないもの、練習内容に合っていないもの、路面に合っていないもの、走り方に合っていないものを選ぶとなかなかのリスクを伴うし、

何より勿体ないです。

 

スピード練習にはスピード練習向きの、

ロング走にはロング走向きの、

日頃のジョグにはジョグ向きの、

飲み会に行くには飲み会に行く向きのシューズがあります。

 

速くなりたい、怪我をしたくないのであれば絶対に履き替えるべきです。

 

ちなみに、選手はアップシューズ、スピ練用、ジョグ用、人によってはリカバリー用と必ずシューズを替えています。替えない選手はまずいないです。

 

何故か、

速くなりたいし、怪我したくないから。

単純な話です。

 

選手に、市民ランナーは1足で済ます人結構いるんだよと話すとほぼ全員ビックリします。

 

 

寒い日は、ウィンドブレイカーを着る、タイツを穿く、

眩しい時はサングラスを掛ける、

暑い日はランシャツに着替える。

 

なのに、なんでシューズはそのままなんだー!

ボクの持っている幾つかのシューズを並べただけでもこんなに違うんですから。

 

ボクはシューズアドバイザーでも、シューフィッターでも無いし、タイムを持ってる速いランナーでも無いです。

 

あくまでも、治療家、トレーナーとしての目線で故障予防、パフォーマンスアップの観点から思った事を言わせてもらっています。

 

治療に来た際、またはボクのランニングセッションなどに参加された際には遠慮なく相談してください。

 

次回は、何故シューズを履き替えるべきかについて、もうちょっと深く書きたいと思います。

ページトップ