HARA KENSUKE

治療家トレーナー目線のランニングシューズレポート③

2019年3月2日

治療家トレーナー目線のランニングシューズレポート

 

adidas adizero japan boost 3

 

はい、はい、やります、やりますよ。

アディゼロジャペーンのシューズレポート

今朝も履いて走ってみたけど、やっぱこのシューズは名品ですよ。

 

今朝は9kmほどキロ5でNIKEのペガサス35を履いてジョグして、その後にペガサスからジャペンに履き替えて動画を撮ってみたのですが(動画はインスタでどーぞ)、

とにかく走りやすい(ボクは)。

クッショニングも、反発も、グリップ力も、蹴り出しも、軽さも抜群です(ボクには)。

クッショニングと反発はやはりboost素材のお陰でしょう。

boostは独特の反発感があるので、当然ながら好みが分かれます。

合う人は合うけど、合わない人は合わないでしょうね。

 

反発という事について言うと、

ふた通りあって、一つはboostやairなど素材での反発と、もう一つはシューズのソール形状での反発があります。

 

メーカーはこれの組み合わせでバリエーションを作っているわけです。

 

このシューズの場合、

スピードが出せるシューズにしてはboost素材も多く使われ、しかもアウトソールがセパレートになっていて、真ん中にある捻れ防止のTORSION SYSTEMが蹴り出しをも良くしていると思います。

だけどこのboostに関しては落とし穴があって、

見た目が白い発泡スチロールっぽく見えるので、スゴいクッションがありそう!と思いきや、

実は見た目とは裏腹にクッション性より反発性を重視された素材なんです。(あくまでも見た目の割にはって話ですよ)。

 

その辺は注意しないといけないかも知れませんね。

 

次にグリップ力ですが、

これがとにかく優秀。

CONTINENTAL(コンチネンタル)と言う素材が使われていて、これはタイヤメーカーが開発したグリップ性の高いゴム素材で、しっかりと地面を掴んでくれます。

ね、よく見るとタイヤっぽいでしょ?

 

こいつがいいんですよ。

 

ボクはトラックで練習する事が今は殆ど無く、ロード中心なんですが、アスファルトとの相性はとてもよく、蹴り出しもしっかりと出来る印象です。

軽さは、

前回も書いた通り、25.5cmで200gちょいなので、ボク的には許容範囲内かなぁと思います。

まあもっと軽いに越した事はないですけどね。

 

いい事ばっかり書いたので、治療家トレーナー目線での注意点もお話ししておきます。

 

このシューズ、セパレートソールでグリップ力も反発力もあり、蹴り出しがとてもスムースかつ力強く行けちゃうので、

ふくらはぎが攣ったり、張ったり、アキレス腱が痛くなるようなランナーには不向きかも知れません。

事実、ボクが履き始め両アキレス腱炎になったので。(もちろんその後、走りをこのシューズに合わせて治しましたよ。)

 

なので心当たりのある人はご注意ください。

 

 

最後に、

先日も書いたようにシューズはぱっと見やちょっと履いてみただけの印象の合う合わないだけで判断するのでは無く、

そのシューズの特性をよく見極め、シューズの長所を存分に引き出して“合わせて”使うって言う事が大切だと思います。

その事によって大きく自分の味方になってくれるわけです。

 

あー、長かった。疲れた。

 

アディ押忍‼︎

 

 

#治療家トレーナー目線のランニングシューズレポート #adidas #adizerojapanboost3

#脱線しまくりレポート

#アディだらけ

#running #マラソン #runningshoes #ランニングシューズ

ページトップ