HARA KENSUKE

ランニング時の正しい着地とは

2017年12月4日

 

昨日12/3は、

HARAKEN 1DAY CAMPでした。

 

今回はお初の方が多かったので、BCTの根本の話、走る為にはカラダをどうすれば良いのか、速く走れる選手達のカラダはどこがどうなっているのか、

そんな話を盛りだくさんに進めました。

 

まずはスタジオでBCT

今回はサポートがいなくてボク1人だったので、

しゃべって、動いて、見て回って、撮影してちょっと大変でした。

 

なので、写真少なめ

 

昼休みの後は、公園へ移動してランニング

 

もちろんドリルやりましたよ。

みっちり30分。

 

前傾姿勢がどうとか、上半身と下半身の連動がどうとか、

着地がどうとか言いますが、

ゴチャゴチャ言わなくとも、考えなくてとも、カラダが反応するような仕掛けをしてあげれば、

深く考えなくても自然とフォームなんてより良く改善されちゃうんです。

誰でも。

 

フォームはカラダがそうしたいからやっている結果なんで。

 

過程を変えてあげればいいのです。

 

 

ボクのセッションに参加した人は皆さんフォームが確実に良くなってます。

(ちゃんと話を聞いて飲み込んでくれる人はね)

 

年齢性別走歴関係なく、進歩してる事が本人が実感出来て、そしてボクからも見て取れてとても嬉しいです。

 

 

今回も楽しかったなぁ。

ページトップ