HARA KENSUKE

ランナーに必要な事

2017年4月21日

今回は、

日頃多くの市民ランナーや長距離選手の皆さんを治療・コンディショニングさせて頂いている中で、

ボクが感じた事を書かせて頂きます。

 

 

市民ランナーの皆さんは、

ドキッ!っと思い当たる項目があるかも知れませんし、無いかも知れません。

それは人それぞれです。

 

そして、そこからどうするかも人それぞれだと思います。

 

何故なら、

あくまでも趣味だから。

 

 

 

ただ、

自分自身に心当たりのある方は、少し見直してみるのもいいかも知れませんよ。

 

何故なら、

それがアナタの伸び代だから。

 

 

 

1.背筋が弱い、トレーニングしていない

2,大臀筋が小さい

3.ハムストリングの柔軟性が低い

4.足関節の可動域が狭い(ふくらはぎが硬い)

5.円背(猫背)の人が多い

6.足の指でパー出来ない

7.足の指でグー出来ない

8.腹斜筋が弱い

9.中臀筋が弱い 

10.デッドリフトが出来ない

11.ジャンプ動作が上手く出来ない

12.胸郭が硬い

13.正しくスクワットが出来ない

14.股関節の前のストレッチが足りない

15.上下の連動と言う割に上のトレーニングをしていない

16.仕事とか家事の疲れ考慮してなさ過ぎ

17.SNSとかで仲間の走行距離とか結果を気にし過ぎ

18.本読み過ぎ(情報過多)

19.練習後に流しをしていない

20.ウォームアップを軽んじている

21.筋力トレーニングなんていらないと思っている

22.ランニングフォームなんて人それぞれだと思っている

23.距離を踏めば速くなれると思っている

24.骨格筋や腱や骨を強くして健康に保つトレーニングが不足している

25.加齢のせいにしている

26.マラソンには怪我が付き物だと思い込んでる

27.レース出過ぎ

28.シーズン長過ぎ

29.休むのも寝るのも食べるのも練習だと言う事を忘れている

30.レース前後の食事が実は大きい事を知らない、または知らないフリをしている

31.走った後のダウンが全然足りない

32.接地(着地)の仕方のみを変えようとしている

33.肩甲骨がなぜ大事なのか理論的に教わっていない

34.スピード練習は怪我をすると思い込み、やっていない

35.カラダが硬いのに速くなろうとしている

36.エネルギーやカラダを構成しているものは全て口から入って来るものに由来する事を知らない、または知らないフリをしている

 

 

37.愉しむ事を忘れている

 

 

冒頭、市民ランナー向けのように言いましたが、

実は、シリアスランナー(学生であったり、実業団選手であったり)にも当てはまる事がたくさん含んであるんです。

 

走れてる時って、走る以外の部分を疎かにしがちです。

 

そういう時こそ、走る事以外の部分に目を向けてみたら如何でしょう。

 

第一線で生き残る術が隠されているかも知れませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ