HARA KENSUKE

ランジウォーク

2017年3月10日

ランジウォーク

たくさんのバリエーションがあり、その局面局面において色々指導するけど、これが基本中の基本。

 

ランジウォークにはとにかく様々な要素が含まれる。

 

ボクのblogをいつも見てくれている人は分かると思いますが、子供でろうと、中年市民ランナーであろうと、どんなスポーツ種目であろうと、必ずランジウォークをやってもらいます。

 

何故なら、重要だから

 

 

簡単そうに見えて、意外と上手く出来なかったりする。

 

細かい所に拘るとキリが無いくらい。

 

でも、その細かい事に拘り、高い所に自分を持って行く事が大切なのだ。

 

トレーニングは深い、そして人のカラダや動作も深い。

 

だからトレーニングは楽しいのだ。

 

 

ランジウォークを指導する時に、問題になるのが

前脚の膝が足部より前に出てしまう。

上半身がグラつく。

つま先と膝の向きが一致しない。

 

「膝を前に出さない!」「グラグラしない!」「真っ直ぐして!」と言ってるんですけど、なかなか上手くいかないんです。

と言う話を指導者の方からよく聞きます。

 

それではなかなか思うように変わらないと思います。

 

でも、ちょっとしたキューイング(言葉の使い方、掛け方)一つでガラッと変わるんです。

 

そこが指導のポイントなんです。

 

あと最大のポイントは、

 

自分がやって見せる事。

 

これ大事。

ページトップ