HARA KENSUKE

一緒になって

2016年12月18日

昨日は、

栃木県のとある県立高校の陸上部での指導でした。(顧問の先生が大学の同期生です)

この高校には7月に一度来て、BCTの基礎をやっています。

 

今回は、一歩進んで、ウォームアップやドリル、

ウェイトトレーニングについてみっちりとやりました。

 

もちろん全てやって見せます

今までやった事のないウォームアップに苦戦する生徒達

これがウォームアップだ!

と言うところを教えます。

準備体操では走れません。

普段やっているトレーニングを見せてもらい、

正しいやり方を教える事もボクは大切にしています。

 

今までなんとなくやっていたトレーニングの本当の意味を知り、正しい動作を身に付けると自身自身に“気付き”があり、やる気と効果がググッと上がります。

 

例えばこの“《手押し車》や《ダイナマックス投げ》。

 

この種目をやりなさいとボクが推奨してるわけではありませんよ。

 

やった事がある、普段やっていると選手が言ったので、実際にやってもらい、正しいやり方と意味を教えたのです。

 

これで次からは自ら考えてやるでしょう。

 

部活動の中心はあくまでも生徒です。

 

彼らが自らで考えて行動する“仕掛け”をするのが、指導だと思っています。

そして、ウェイトトレーニング。

これも週2ではやっているとの事だったので、どんな風にやっているのか、まず見せてもらい、そのあと正しく動作を教えました。

 

スクワットだけに40分くらい費やしちゃいました。

正しい動作と意味を徹底的に覚えます。

 

仲間どうしで見合って、アドバイスし合って、考える。

これがいいんです。

 

ちょっとだけヒントを与えて、あとは自ら考える。

とにかく口を出さずじっくり見てあげる。そこも大事。

 

部活動の中心は生徒だと言いましたが、

顧問の先生やコーチ指導者も部活動では、ある意味主役です。

 

毎日見ている先生方が、上からでは無く、同じ目線になり、一緒に考え、一緒になって汗をかく。

 

そういう姿勢に生徒は尊敬し、ついて行くんだとボクは信じています。

 

今回の高校の先生は2人共とても熱心で、生徒の事を真剣に考えている素晴らしい指導者でした。

 

結果も大事だけど、中高生は人格形成にとても重要な時期。

 

指導者や周りの人を、そして自身自身を尊敬出来る人になってもらいたいですね。

 

ボクはトレーニングを教えに行ってる思いきや、実はトレーニングを通じてそんな事を伝えたいと、常々思ってやっています。

 

 

ボクは決して先生ではありません。ハラケンです。

どこへ行っても目線は同じです。

 

頑張る人達のサポーターです。

 

 

ページトップ