HARA KENSUKE

打撲には鍼

2016年10月25日

img_3465

先週の金曜日に、

自分の不注意で左足首に酷い怪我を負ってしまった。

 

サーフィン中に板が思いっきり足首にヒットしてしまったのだ。

 

情けない。

 

場所と当たり具合から、骨逝ったかもって感じ。

 

これはまだそんなに腫れてきてない時。

この後もっと腫れてきた。

img_3470

更に、夜にはズキズキと痛み出し、腫れもますます強くなってきた。

 

10数年前に踵を骨折した時と痛み方が似ている。

 

あちゃー、骨折か?これ。

 

動けてなんぼの仕事。

ギプスに松葉杖になんて洒落にもならない。

骨折なんてしては仕事に大きな支障をきたす。

 

骨折してない事を祈るばかり。

 

しかし、一歩もまともに歩けない。

 

翌朝一番でケンケンで整形外科へ行き、レントゲンを撮ってもらった。

 

結果…

 

セーフ!骨折はしていなかった。

 

折れていなければ、ギプスさえされなければ、なんとかなる。

 

自分の腕で治せばいい。

 

 

鍼治療をして、テーピングをガッチリ巻いてみた。

 

 

痛みほぼ無し。

 

午後には動き回れた。

img_1013

結局、全治10日は掛かるであろう打撲を2日で治した事になる。

 

 

寝違えやギックリ腰、そして今回のような打撲、

急性のものは、実は鍼治療が適用なのである。

 

 

ラグビーやハンドボール、柔道などの格闘技では付き物の打撲。

 

鍼がよく効くとは意外と知られていない。

 

打撲をしてしまったら、まずはハラハリまでご相談ください。

 

 

ページトップ