HARA KENSUKE

ボクは間違い無く、この為にやっている

2016年10月11日

img_2983

先日の初心者ランニング教室での話。

 

 

その日は6名ほどの少人数の参加だったので、

まずはみんなで輪になり座って、1人づつ簡単な自己紹介をしてもらいました。

 

60半ばの男性

“◯◯と申します。仕事を3年前にリタイヤして、何か健康の為にと思い、ランニングを始めました。来月5kmの大会に出る予定でしたが、先日張り切って走り過ぎてふくらはぎを痛めてしまい、走れなくなっちゃいました。今日は基礎から教わりたくて参加しました。よろしくお願い致します”

 

先ほどから痛そうに歩いてらっしゃいましたね。今日は無理せず、出来るところだけやってください。基本、誰でも出来る事しかやりませんから。

まずは無理せず、脚治しましょうね。

 

 

次はご夫婦で参加されている40代男性

“◯◯から来ました◯◯と申します。

今まで全くと言っていいほど運動をして来なかったんですが、健康の為にと思い、この7月から妻とジョギングを始めました。右も左も分かりません。今日はどうぞよろしくお願いします。”

 

大会は出る予定ないんですか?

 

“いえいえ、大会なんてまだまだとんでもないです。”

 

そんな事はないですよ。フルマラソンとは言わず、まずは5kmの大会でもエントリーするといいですよ。目標を先に決めた方が何事も上達早いですから。

 

“出れますかね?”

 

出れます。出れますよ。もちろん。

5kmなんてすぐに走れちゃいますよ。せっかくご夫婦で楽しく走り始めたんですから、是非お2人で大会出るといいですよ。大会の緊張感、なかなかいいものですよ。

こちらこそよろしくお願いします。

 

1人でご参加の40代女性

“◯◯と申します。子ども達が陸上部に入っているので、私もちょっと走ってみようかと思い、去年からジョギングを始めました。最初はウォーキングがやっとでしたが、段々走れるようになって来て、楽しくなり毎日5km走るようになったら、フォームが悪いのか夏前辺りから膝が痛くなり、今はあまり走れない状態です。

今回は痛く無く走れるヒントを教えてもらえたらなぁと思い参加しました。よろしくお願いします。”

 

◯◯さんは、大会は出た事あるんですか?マラソンなり、ハーフなり。

 

“いえいえ、とんでもないです。出てはみたいんですけど…。”

 

出ましょう!出るのを目標に走りましょう。

 

“でも膝痛くなるし、私なんて5kmしか走れないし。”

 

ダーイジョブです。ハーフだって必ず走れるようになりますから!ボクが今日膝が痛くならない走り方と、長く走れるコツ教えてあげますから。ね?

 

はい!と、女性のパッと明るくなった笑顔が忘れられない。

 

夫婦で共通の趣味はサイコーです。いつまでもご夫婦で楽しく仲良く走ってくださいよ、て言った時に、ちょっと照れくさそうに顔を見合わせていた姿が嬉しい。

 

70歳手前の女性が教室終了後に、

 

“なんか今日は年甲斐も無く張り切っちゃいました。80歳過ぎてもずっと走り続けたくなりました。”

 

是非続けてください。なんなら90歳まで行っちゃいましょう!

 

ボクのたかが1時間もないランニング教室で、こんな事思ってくれるなんて、涙が出そうなくらい嬉しかった。

 

 

ボクは間違い無く、こういう事の為に仕事をしている。

 

いや、仕事ではなく、これは《志事》かな。

 

 

毎日出会う全ての人に刺激をもらい、力をもらい、成長させてもらっている。

 

得たものを今度は皆さんの元気の種になれるよう生きていきたい。

 

まだまだまだだけど、頑張ります!ハラケン

 

 

 

 

 

ページトップ