HARA KENSUKE

神戸のチームでBCT

2016年9月29日

image

このチームの指導はもう何回目だろうか。

 

BCTをチームで採用するようになり4年目になるのかな。

 

ボクが正式に関わるようになって2年。

 

チームのウォームアップドリルもボクの作ったものを取り入れてもらっている。

 

幸いな事に、ボクのやっている(やろうとしている)事を監督さんやスタッフ、そして会社から、もちろん選手からも理解して頂いていて、

毎回内容を一任してもらっている。

 

image image image image image image image image image image image image image

写真を見てわかるように、既にこのチームには本に載っているような“いわゆる”BCTの種目なんて教えていない。

 

 

もっともっと深い所に踏み込んで指導している。

 

もちろんベーシックメニューをキチッとやっているからこその先の話だけど。

 

 

実は、それこそがBCTのBCTたる所以なのである。

 

 

その場に止まっていてはいけないのだ。

 

進化・進歩・発展していなければ、それは即ち後退を意味している。

 

 

 

このチームに必要なもの…

あとは結果だ。結果が欲しい。

 

良い成績を残さなければ、BCTをやったって何やったって何の意味も無い。

 

全ては結果の世界だから。

 

 

 

この二日間、ボク1人汗びっちょりになりながら喋り、そして動き回った。治療もした。

 

段々選手の目つきと動きが変わっていくのが、手を取るように分かる。

 

 

関わったからには、もういいと言われるまでボクはトコトンやるよ。

 

 

トレーニング指導と治療の全てのミッションを終え、今は名古屋へ向かう新幹線の中。

 

明日は朝イチで岐阜に入り、柔道部・剣道部・ボート部・バスケ部・陸上部の高校生100人相手にトレーニング指導だ。

 

大変だけど、これまた楽しみ。

 

おっちゃん頑張りますよー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ