HARA KENSUKE

治療とトレーニング

2016年8月1日

image

 

今日は、

 

治療も大事だが、トレーニングも大事。

 

トレーニングも大事だが、治療も大事。

 

そんな話です。

 

 

日々治療をしていて思うんですね。

 

この人、

背中を柔らかく使えたら、もっと楽に速く走れるのになぁって。

 

この人は、

胸郭(肋骨や背中の骨で囲われた部分)と股関節(お尻)に可動性が出れば、腰痛なんて無くなるのになぁって。

 

この人は、

足の小指。これが使えていないから、膝や股関節が痛くなるだろうなぁって。

 

色んな事を感じてしまいます。

 

 

人のカラダは全てが連動して連携して動いています。

 

脚だけ鍛えて、足が速くなるなんて事は無いです。

 

だって腕振りは必要でしょ?

腕を振らずに速く走る事なんて出来ないですよね。

それが付いている体幹部がグニャグニャだったり、ガチガチでいいわけ無いですよね。

 

全ては連動しているわけですから。

 

て事はですよ、

脚だけをトレーニングしていたのではアンバランスなわけだし、

脚だけストレッチしていては足りないし、

脚だけ治療していても、治るもんも治らないって言えるわけですよ。

 

自分の思った通りに走る為には、まずは自分のカラダを思い通りに操る事が出来るようになる事が大切、

と言うか、近道でしょう。

 

その前に痛い箇所が有れば、それをゼロにする。

 

可動性が悪い関節が有れば、しっかり動くようにする。

 

左右の動きが違う場合は、それを整える。

 

治療だけでもダメだし、トレーニングしているだけでもダメなんです

 

背中なんて硬くたって、走りには大して関係無いやい!なんて、

そんな事思ってたら大間違いですよ。

 

パーソナルBCTでトレーニングやストレッチをやってもらうのは、ほとんどがカラダの背面です。

 

意識しづらいカラダの裏側です。

 

治療するのも主に裏側です。

 

膝の前や脛、股関節の前が痛くてもカラダの裏側をしっかり診て治療します。

 

 

何事も、

木を見て森を見ず

ではダメって事ですねー。

 

 

ちなみに、

木を見て森を見ずってことわざは、

You cannot see the wood for the trees.て言う英語の訳だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ